ダイヤロボ緊急指令(きんんきゅうしれい)

(だい)16() (あら)たな(てき) 1

ダイヤロボ緊急司令 第16話へ
 

20XX(ねん)

凶悪化(きょうあくか)する犯罪(はんざい)から(まち)平和(へいわ)(まも)るために結成(けっせい)された、ダイヤロボによるレスキューチームだったが、(なぞ)のテロリストや、急増(きゅうぞう)する爆破(ばくは)テロによって苦戦(くせん)()いられていた。

そして(かれ)らに(おとず)れた悲劇(ひげき)。チームのリーダー(かく)であったゼロイドは、爆風(ばくふう)から少年(しょうねん)をかばってビルの谷間(たにま)へと転落(てんらく)し、そのまま消息(しょうそく)()ってしまった。

プロトロイドとレックスポーター、そして仲間(なかま)たちによる必死(ひっし)捜索(そうさく)にもかかわらず、残骸一(ざんがいひと)()つからなかった……。

それから半年後(はんとしご)、テロリストによって武装占拠(ぶそうせんきょ)された廃工場(はいこうじょう)少年(しょうねん)たちの(まえ)(あら)われたのは、ゼロイドそっくりのロイド(がた)ダイヤロボだった。

ロイドブルー

しかしボディの(いろ)(うみ)(そこ)よりも(ふか)いブルー。
その(ひとみ)には、ゼロイドのように(あたた)かな(ひかり)宿(やど)っていなかった。

突如(とつじょ)少年(しょうねん)(おそ)()かる(なぞ)のダイヤロボ。

隊長
「キ…キミは…もしかして、ゼロイド!?」

(かべ)ぎわに()いつめられ、()いかける少年(しょうねん)(くび)を、(なぞ)のダイヤロボが()めつける。

レックスポーター
隊長(たいちょう)
そいつはゼロイドじゃない!
ゼロイドは、そんな(ひど)いこと、するヤツじゃないよ!!」

(さけ)びながら(なぞ)のダイヤロボに突撃(とつげき)仕掛(しか)けたレックスポーターだったが、ほんの片手(かたて)で、軽々(かるがる)(はじ)()ばされてしまった。

ロイドブルー
「そう、オレはゼロイドではない……。ヤツはもう、存在(そんざい)しない……
()()はロイドブルー。人類(じんるい)()(てき)……。すべてを()()くし、(ほろ)ぼしてやる……」
おしらせ
「な…なんだって!?」
グランシルバ

呼吸困難(こきゅうこんなん)意識(いしき)途切(とぎ)れてしまいそうな少年(しょうねん)に、ロイドブルーと名乗(なの)るダイヤロボが、最後(さいご)のとどめを()そうとした瞬間(しゅんかん)

 

そこに一迅(いちじん)疾風(しっぷう)()()け、白銀(はくぎん)のボディを(かがや)かせながら、一台(一だい)GT-R(じーてぃーあーる)(あら)われた。

グランシルバ
()たせたな、少年(しょうねん)!!」

たちまちスクランブル変形(へんけい)すると、(こぶし)から七色(なないろ)のオーラを(はな)ちながら強力(きょうりょく)なパンチを()()した。

それこそが、人類最後(じんるいさいご)希望(きぼう)となるダイヤロボ、グランシルバであった……。

( つづ)きを() 1 ストーリー一覧(いちらん)

ホームホームおしらせダイヤロボについてラインナップギャラリーミニゲーム

爆速救命(スピードレスキュー) ダイヤロボ